このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
機能的でセンスよく!オフィスデザインの鉄板ワザ

規模の大きな事務所の開設

バインダーをたくさん購入して社員一人一人に配布しようと考えることもあるかもしれません。
大きなオフィスを運用するといった時には、社員にオフィス文具を統一して使ってもらうように手配することもあるでしょう。
社員が出勤して来る時に、オフィスに入る時には靴をぬいで下駄箱に入れてスリッパに履き替えるようなオフィスもあるかもしれません。
そういった場合には、オフィスを開設する時に、まず大きめの下駄箱を購入することになるでしょう。
下駄箱の大きさは、社員の靴を収納するのに十分のスペースがあるかといった事柄も考慮する必要があります。
また、傘立てなども準備しましょう。
オフィスの規模が大きければ、それだけ準備する備品も大型のものになるというわけです。
そして、下駄箱を準備したならば、社員の数に足りるほどのスリッパも会社の負担で準備することになるかもしれません。
このように、オフィスで実際に使用する文具だけでなく、ほかのものについても、備品を揃えていく必要があるわけなのです。
もしも社員の更衣室といったものを準備する場合であれば、一人一人が使用するようなロッカーを準備しなければならないかもしれません。
鍵付きのロッカーにするならば、社員一人につき一つの鍵を配るといった手配が必要になることでしょう。
オフィスの開設の準備というのはオフィス全体の機能を考えて行う必要があるので、一通りのものがそろうまでに少し時間がかかってしまうのも無理のないことだといえるでしょう。
オフィスの人気商品についてチェックするような余裕はないとしても、会社のほかのスタッフにそういった分野を任せてみてはいかがでしょうか。
カラフルなグッズを通販で購入するのはどうかといった意見が出ることもあるでしょう。
バインダーにしても、明るいカラーで何色ものカラーのバインダーを準備して、好みの色を社員に使ってもらうこともできるかもしれません。
オフィス文具に関しては、カタログから魅力的なデザインの文具を注文してみましょう。
オフィスの開設が楽しみに思えてくることでしょう。
最初のうちは新入社員のための社員教育などに力を入れてみたいと思っていらっしゃるかもしれません。
そのためには、会議室に集まった時のための椅子やテーブルも準備することになります。
開設の日までに準備が間にあうように、準備のためのマニュアルを作成してみると良いかもしれません。
同時に面接も行っていきましょう。