このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
機能的でセンスよく!オフィスデザインの鉄板ワザ

移転計画を立ててみる

イメージしているオフィスの姿と、実際のオフィスの姿とのギャップについて、認めたくなくてもしっかりと現実を知る必要があるかもしれません。
そういった悩みは、従業員にはなかなか分かってもらえないこともあるのではないでしょうか。
初めてオフィスの経営をするといった時には、自分の望み通りのオフィスになるまでには苦労することになるかもしれません。
少しでもオフィスを活性化させるためにも、オフィスで使う文具などはユニークなものを使うようにしている会社もあるようです。
また、省エネなどに力を入れているオフィスもあるということです。
これから先、一年後までにはなんとかオフィスの移転を成功させたいといった思いを抱いている経営者もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合には、できることならばスケジュールを立てつつ、実行していく必要があると言えるでしょう。
もちろん、オフィスの移転に伴ってさまざまな手続きがあり、予定通りにいかなくなったりする場合もあるので、それほどきっちりとしたスケジュールを立てることは困難だといえるでしょう。
そうした緻密なスケジュールは必要なくても、せめて大まかなスケジュールは早めに立てるようにしましょう。
そうしなければ、一年以内に移転計画は成功せず、次回に延期ということになってしまうかもしれません。
オフィスの移転となると、新しいオフィスの内装工事の見積もりであったり、オフィス機器のリースに関して決定したり、また電話工事会社に依頼したり、オフィスのレイアウトに関して業者に見積もりをしてもらったりと、さまざまな分野での見積もりがあるわけです。
それで、とても自分たちでは手に負えないと思えるような時には、不動産会社であったり、コンサルティングなどの力を借りることができるかもしれません。
つまりそういった人に代行をしてもらうことができるかもしれません。
そのようにして、オフィス移転後になって、電話工事は終わっているはずなのに電話が通じないといった問題が発生したとしても、代行してくれた人を通してクレームを出すことができるでしょう。
また、移転前には、旧オフィスの解約予告期間はどれほどの期間なのかについて契約書の内容をしっかりと振り返って見ておくようにしましょう。
新しくオフィスを移転したとなると、業務の向上につながるか、それともスタートから問題が多い職場になってしまうかというのは、計画次第で変わってくるわけです。