このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
機能的でセンスよく!オフィスデザインの鉄板ワザ

光環境にも配慮してみよう

従業員がコーヒーを飲んで仕事の休憩をして、リラックスできるようなスペースを確保したりして、事務所での作業が苦痛なものとならないように配慮してみることができるかもしれません。
一杯のコーヒーであっても、飲むのと飲まないのとでは精神的にも違ってくることがあるかもしれません。
ずっと机に向かって作業を続けていると、次第に集中力が切れてしまうものです。
会社内に、ほかの人には迷惑をかけないようにしながらも、皆が気軽に利用できるようなお茶のスペースを確保できるかどうか検討してみましょう。
オフィス内に仕切りを設けるという方法もありますが、休憩している従業員のおしゃべりの声が漏れてしまうこともあるかもしれません。
それで、休憩ルームは扉のある部屋を一つ設けてみることもできるかもしれません。
オフィスで働く人たちは、期限までに終えなければならないような業務があって、業務に集中したいという人もいらっしゃりますし、また自分に割り当てられた仕事を終えたので少し休憩したいと思っている人まで、ペースは人によってさまざまなわけですから、自分のペースにほかの従業員を巻き込まないようにする必要があるわけなのです。
オフィス内では、できるだけ優秀な人材を育成すること、また優秀な人材を確保したり、定着性を良くしたりすることがオフィスの発展につながっていくことでしょう。
それで、オフィスの環境については気を遣いすぎるくらいでも良いと言えるかもしれません。
もしも西日がまぶしすぎて作業が難しいといった問題があるのならば、西日が直接に当たるようなエリアを特定して、何か対策を立てるようにしましょう。
すだれだけでは対策にならないこともあるかもしれませんし、何もしないよりはすだれがあればましになることもあるでしょう。
そういったオフィスの光環境を真剣に考えることが大切です。
オフィス内の電球に関して、切れてしまったものの、在庫がないといった状況が度々発生することのないように、在庫を切らさないようにしておきましょう。
そして、オフィスを借りる時には、管理会社との契約内容をしっかりと確かめることが肝心です。
例えば、オフィスの建物のエレベーターであったり共用部分の管理費について、そのビルの管理会社がどこまで費用を負担することになるのかといった点を契約前に確認しておくことが大切です。
安定したオフィスを構築して、従業員一人一人のパフォーマンスを生かすようにしましょう。

関連サイト