このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
機能的でセンスよく!オフィスデザインの鉄板ワザ

条件の優先順位を決めよう

自宅の引越しとなると、賃貸住宅の場合であれば、今まで住んでいた賃貸住宅の家賃と、新しく契約する賃貸住宅の家賃が重なることがないように細心の注意を払って契約のタイミングを見計らったり、退去通告を出したりすることでしょう。
同じように、オフィスの移転となった時にも、今までのオフィスの賃料と、これから借りるオフィスの賃料がダブってしまうことのないように、それぞれの契約に関するタイミングを考える必要があるわけなのです。
これまでの旧オフィスの賃料はいつまで支払う必要があるのかという点を見落とさないようにしましょう。
そういった分野で失敗してしまうと、コスト削減を実現させることが困難になってしまうわけなのです。
もしも新オフィスにカラープリンターやファックス、またコピー機などをリースして設置しようとお考えのようでしたら、そういったリースに関する申し込みの手続きも進めていくことになります。
どのような備品が必要なのかといったことについては、移転前に各部署の責任者などにアンケートを取ってもらって希望をまとめておくようにすると良いかもしれません。
新オフィスの場所を決める時には、できるだけ駅に近いオフィスを希望する経営者も多いのではないでしょうか。
その点では賃貸住宅を借りる時とは多少条件が変わってくることもあるでしょう。
賃貸住宅を探す時の条件としては、駅近を希望する人もいらっしゃりますが、子供の学校に近いところであったりとか、またスーパーに近いところといった希望の方が強い場合もあるかもしれません。
そして、オフィスの賃貸物件を探す時には、あらかじめ広さに関する希望であったり、先ほど挙げたような立地条件に関する希望であったり、また賃料は最高でどのくらいの金額まで出せるかといった事柄をきちんと書き出して、整理しておくことをおすすめします。
そして、どの希望を優先させるべきなのか、希望条件の中にも優先順位を定めておくようにしましょう。
最近ではさまざまな形態のオフィスがあるとも言われています。
例えば、テレワークといった形態のオフィスもあります。
これは、SOHOであったりモバイル関係のオフィスであったりと、主に情報通信系列の技術を駆使するような仕事でこの形態が利用されることがあるようです。
テレワークの形態のオフィスというのは、固定した場所というものが特になかったり、また時間帯に関しても特にとらわれずに仕事ができるということです。