このエントリーをはてなブックマークに追加
Topics
機能的でセンスよく!オフィスデザインの鉄板ワザ

複数の部屋を借りる

人が集まりやすいような空間をデザインすることによって、オフィスは単なる事務の仕事をこなすための場所として利用するだけでなく、スタッフたちが自由に意見を交換することのできるような場へと変化することもあるかもしれません。
仕事中にあまりにも私語が多すぎると、各々のペースが乱れてしまって、生産性が下がってしまうこともあるかもしれませんが、ほとんどコミュニケーションを取らずにただ仕事に専念するといったオフィスでは、逆にチームワークがうまくいっていないので、連絡するべき事柄もうまく伝わっていないという状況でミスが多発することもあるかもしれません。
それで、オフィスで働くスタッフがイライラしながら仕事をすることのないように、誰もが適度にリラックしつつ、気持ちに余裕を持ってスタッフ同士できとんとコミュニケーションを取ることのできるようなオフィスを構築するようにしましょう。
オフィスの賃料が高いので、もっと安い賃料の場所に移転するという計画になることもあるでしょう。
また、今後の人員の増加を見込んで、もっと広くて美しいオフィスに移転することになった企業もあることでしょう。
そういった移転の機会に、ワークスタイルの変革となることでしょう。
オフィスの経営者であれば、次に使用するオフィスにおいてのレイアウトについて考えることになるわけですが、まずはオフィスのレイアウトの基本から知る必要があるかもしれません。
オフィスのスタッフのコミュニケーションの場を設けることも大切ですが、同時にクライアントとの打ち合わせのために使用するようなルームをきちんと確保しておくことも大切なのではないでしょうか。
そして、セミナールームといったものも確保する必要があるかもしれません。
このように考えるならば、オフィスの賃貸として、最低でも4つの部屋を借りる必要があるかもしれません。
一つはオフィスに、一つはスタッフのコミュニケーションの場、そして一つはクライアントとの打ち合わせのためのルーム、そしてもう一つはセミナーを開催する時のルームといったように複数のお部屋を借りることになるかもしれません。
しかもそれぞれのお部屋に机や椅子、また什器などを設置することになるわけですから、引越しや備品の買い出しといったものはしばらく落ち着くまでの間てんやわんやになることも予想されます。
しかし、それぞれの作業を手分けして行うことによって、一人の負担を軽くできるでしょう。